くそったれ人生。

惨め日記の新たな置き場所です。

休養中のリスニング状況。

このうんこブログを更新するくらいしかやることがない。こんばんは。黒子です。

 

大分腰と左足の具合が良くなってきていて一安心。今回の痛め方は結構ガチでヤバく、「俺このまま左足が不自由になるのか・・・?」と心配になるレベルで痛みと痺れがあり、立っていると足が痛いし座っていると腰が痛いのでマジに寝ているしか出来なかった。二週間近く仕事休んだのは社会人になってから初めてかも。インフルエンザや胃腸炎の時もこんなに休まなかったし。

 

休養中なので特に楽しいことなど何もなく、起きていても生きていてもしょうがないのでは?とか、そういったことばかりが頭をよぎり陰鬱な気分になることが多かったのですが、やっぱり何かしら音楽は聞きたくなるもので、休養中の間主にリスニングしていた音源を紹介したいと思います。

 

・AXIA (1985) - 斉藤由貴 

今尚その魅力衰えぬ魔性の美熟女優・斉藤由貴の1stアルバム。これは80年代アイドル歌謡のお勉強をしている際にその存在を知って、中身もわからぬまま完全にジャケ買いして大当たりした作品でした。ジャケ当時の斉藤由貴ご本人のポニテ美少女っぷりったらないです。当時の他のアイドル・女優達とは一線を画す、とても10代とは思えない落ち着いた愁いのある透き通った声が大変魅力的な一枚です。歌詞世界はさすがに昭和だなァ~となるものが多いのですが、後の魔性の女の片鱗(?)を覗わせる小悪魔的な要素が強い『AXIA ~かなしいことり~』、『フィナーレの風』、『感傷ロマンス』といった聞き手をドキリとさせる楽曲達が実に良いです。シングル曲の『卒業』と『白い炎』の二曲の強力さは言わずもがな。80年代アイドル歌謡の名盤と言って良い一枚だと思います。

 

・Burzum/Aske (1995) - Burzum

今更語るまでもないかも知れない悪名高きノルウェイジャン・ブラックメタルの代表格Burzumの1stアルバムとEPをカップリングした編集盤です。正直この休養中一番聞いていたのがこれ。腰痛で憂鬱な精神状態にはぴったりの一枚でした。中の人の悪行や思想的な部分についてここで改めて言及する必要はないと思うのでしませんが、まだブラックメタル自体が黎明期というか発展途上の時期に、何故こうまで心を完全に閉ざしたような陰鬱な音をやろうと思い立ったのか。そこにBurzumの革新性はあったのでは?ミニマルなリフの反復、ダークアンビエント的なキーボードの導入、悲痛な絶叫ヴォイスと、後のデプレシッブなブラックメタルの基本要素は全てこのアルバムにあるように思います。

 

・Taxi Driver: Original Soundtrack Recording (1976) - Bernard Herrmann

アメリカン・ニュー・シネマの傑作であるタクシードライバーのサントラ盤です。映画も大傑作なのですが、サントラも実に良い。甘く気怠いサックスがリードする、作中で描かれる猥雑な夜の都市の風景を想起させる音像がたまらない一枚です。正直今までお勉強的にジャズの名盤を買ったりはしていたのですが、どうにもハマれず、「俺にはやっぱジャズは合わないのかな~」とか思っていたのですが、このアルバムにはガッツリハマりました。というかこのアルバムは純粋なジャズではなく、あくまでジャズ要素のあるオーケストレーション、映画音楽である訳なのですが、その作り込まれた重厚な音像と繰り返し流れるメインテーマの秀逸さに引き込まれる傑作です。ボーナストラックの劇中未使用楽曲達も良いです。

 

 

休養中主にこれら三枚をローテーションして痛みと痺れに耐えていました。月曜からは社会復帰せにゃならずぴえんです。

 

流れよ我が涙。

別にディックを読んだ訳ではありません。ごめんなさい。おはようございます。黒子です。休みにも関わらず早く起きてしまったので、自分の因果な半生を振り返ったりしていました。

 

最近は腰と左足を痛めて仕事を休んでいました。痛みと痺れに加えてかねてからの不眠で蓄積していた疲労が爆発したのでしょう、一週間近く寝たきりというか眠り続ける日々を送っていたのですが、ようやく回復傾向にあります。

 

今日も休みなのですが、何故か早く目が開いてしまったので、幼稚園~大学卒業くらいまでの自分の人生を布団の中で振り返っていました。因果な駄目人間になるきっかけは沢山あったと思うのですが、常に何かしらの音楽が自分の生活にあったような気がしてならず、前も似たような記事を書いたのですがまた書こうと思います。以下人生というか今の自分に地続きに影響を与えたと思わしき音源のタイトルを列挙していきます。本当はもっと色々あるんですが、今現在の自分に通じる・すぐ思い出せるものをという感じです。1バンドにつき1枚にしようと思います。

 

ギターウルフ - 狼惑星

THE HIGH-LOWS - ローリング・ジェット・サンダー

THE BLUE HEARTS - THE BLUE HEARTS

THE CLASH - THE CLASH

・THE STALIN - STOP JAP

BLANKEY JET CITY - 1997-2000

rumania montevideo - Still for your love

フリッパーズ・ギター - three cheers for our side 〜海へ行くつもりじゃなかった〜

・非常階段 - 蔵六の奇病

・Discharge - Hear Nothing See Nothing Say Nothing

森田童子 - 僕たちの失敗 森田童子ベストコレクション

Sex Pistols - Never Mind The Bollocks Here's The Sex Pistols

Gang Of Four - Entertainment!

Napalm Death - Scum

・Hellnation - Fucked Up Mess

・Charles Bronson - Complete Dischography

Anal Cunt - The Early Years 1988-1991

・brutal truth - need to control

G.I.S.M. - SoniCRIME TheRapy

・Fruity - SONGS Complete Dischography

my bloody valentine - Loveless

Dinosaur Jr. - Green Mind

・Jesus And Mary Chain - Psychocandy

・Discordance Axis - The Inalienable Dreamless

・envy - 君の靴と未来

Sound Horizon - Chronicle 2nd

・Devourment - 1.3.8.

BOOWY - LAST GIGS

Syrup16g - HELL-SEE

Deep Purple - Made In Europe

Megadeth - Rust In Peace

Yngwie Malmsteen - The Seventh Sign

・Disgorge - Forensick

・Last Days Of Humanity - Putrefaction In Progress

・Dying Fetus - Killing On Adrenaline

・Morbid Angel - Domination

・Carcass - Symphonies Of Sickness

Nirvana - In Utero

The Stone Roses - The Stone Roses

田村ゆかり - シトロンの雨

Manic Street Preachers - The Holy Bible

The Smiths - Hatful Of Hollow

 

こんなものでしょうか。もっと色々あるような気もするのですが、パッと思い当たる・今の自分にとっても重要と思わしきものを列挙してみました。

『ダブルキャスト』プレイ感想。

久しぶりにゲームをやったのでその感想をまとめておきたいと思います。こんばんは。黒子です。

 

今回買ってやったのは1998年に発売された初代PSソフトのダブルキャストというADVゲームです。元祖ヤンデレキャラが登場したゲームとして有名な作品だと思います。

 

そもそも自分がダブルキャストを知ったのは10年以上前、大学のサークルの飲み会でヤンデレブームについて話していたら、サークルの先輩に「しかしそういうヒロインって大分昔にダブルキャストがやってるンだよなァ」と言われたのがきっかけでした。

 

ブコフに行くと大抵安く売ってるソフトだったので、そのうち買ってやろうかな~と思ってはいたのですが、その他の18禁PCゲーをやるのが忙しかったり、そのうち段々とゲーム自体を遊ばなくなって存在をすっかり忘れていました。で、この前ブコフに行って何気なく初代PSソフトの売り場を眺めている時に存在を思い出し、それとちょうど良いタイミングで某VTuberが取り上げている配信がありそれを見たので、これは自分も買ってやるしかねぇだろうとなったわけです。

 

ダブルキャストの良かった点を以下列挙。ネタバレを含みます。

・シナリオが良かった。

パッケージのイラストと序盤の展開から「大学の映研を舞台にした記憶喪失のヒロインとの爽やかギャルゲーか?」と思わせつつ、徐々に戦慄のサイコホラーへと展開していくところが良かったです。1プレイが2時間程度で終わるボリュームもちょうど良かったと思います。作中劇である『かこいのねや』に気を取られ過ぎると肝心のヒロインである美月の正体を暴けない、というか作中劇にまつわる過去の事件はほぼハッタリなのですが、その辺をミスリードさせるのも良いと思いました。

・アニメーションが良く動く。

初代PSのゲームなのでナメていたのですが、アニメーションは本当に良く動きます。普通に秀逸な90年代のアニメを見ている感覚です。あと主人公以外のキャラはフルヴォイスで、ベテランのキャストたちの演技にもケチの付けどころがなかったです。

・ヒロインである美月がクッソかわいい。

マジでかわいいです。久しぶりに萌えの波動を感じたヒロインでした。機動戦艦ナデシコの人がキャラデだそうです。主人公と出会った直後の元気いっぱいなボクっ娘っぷりで既に萌えなのですが、コロコロ変わる表情の豊かさ、女子力の圧倒的な高さ、豊かな乳と尻を備えた素晴らしいナイスバディと、完全にノックアウトです。萌え倒しです。天真爛漫なボクっ娘サイコパスDV姉・本来の人格と、複数の人格が入り乱れる複雑なキャラクターなのですが、とても魅力的なヒロインでした。文章だけじゃきっと上手く伝わらねェ・・・。実際プレイして動いて喋る美月を見て萌えて欲しいンだ・・・。

 

ダブルキャストの良くなかった点

・ディスクの入れ替えが面倒。

昔のCD-ROM時代の作品だから、容量の都合でどうしてもしょうがないことなのですがね。中盤での入れ替えはちと面倒だし、エンディングを見た後周回プレイに入ろうとする際もまたディスク1をセットし直さなきゃいけないので、周回プレイするのがかったるくなってしまうのが難点でした。

・データの管理が大変。

セーブできるスロットが5つしかないので、セーブデータの管理が大変です。達成率も1つのデータでエンディングを見たらそのデータをロードして再プレイを開始しないと引き継げないので、そこは多少ストレスでした。

 

上記の二点以外は不満はないですね。久しぶりに素晴らしいADVゲームに出会えた気がします。ダブルキャストを筆頭とするやるドラシリーズ、他の作品も遊んでみたいと思わされました。次は『季節をだきしめて』がやってみたいですね。

私が消える・・・

こんばんは。お久しぶりです黒子です。クッソ久しぶりにこのうんこブログを更新しようと思います。

 

あまり近況とかで特に変わったことはございません。職場と家の往復で日々は過ぎていきます。あまりレコ屋にも行かなくなった。というか行っても収穫が無く空振りで終わることが多くて、電車賃と時間を浪費するのがもったいないので、音源などは専ら通販で入手しています。んで、ますます外に出なくなるンだなァ・・・。

 

アニメも最近はちっとも見ていません。DことアニメD4DJの一期はかなり良かったです。普通にアニメとして良くやってる部分・ネタとして見て笑える部分・萌え心と肉欲を刺激する魅力的なキャラ達と、虚無労働で脳死状態でも疲れず楽しく視聴出来る貴重なアニメでした。しかしDが終わって以降アニメ視聴意欲が減退して、今は何のアニメも見れていません。というか自分好みな作品があまりやってないクールなのでしょうがないんですが。来期は異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術の二期が放送される予定なので、それを楽しみに生きていきます。

 

あと今のアニメのデジタルな薄っぺらい作画ではなく、セル画時代の鬼のように書き込まれたアニメ映画見たいな~という欲求が強く、色々と円盤を買って見たりはしていました。劇場版銀河鉄道999の1作目、超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか、劇場版パトレイバーの1・2作目などを見たのですが、どれも良かったです。

 

音楽はシティポップや80年代アイドル歌謡のお勉強は継続しつつ、何気なく読んだ上坂すみれのインタビュー記事に触発されて、ブラック・サバス及びその影響下にあるバンド群の聞き直しをしています。本当に虚無労働で脳がやられているので、単純に聞いていて気持ちが良いストーナー系の音がハマるというかキマる・・・。というか今の今までSleepの新譜を買ってなかったのでいい加減買おうと思いました。

 

繰り返しになりますがマジに虚無労働で脳がやられているので、そういう状態でも疲れず楽しく見れる・キマれる、シャブ要素の強いアニメを探しています。黒子でした。

年末のリスニング状況

おひさしぶりですこんばんわ。黒子です。

たまには文章を書く訓練をしようと思います。

 

夏頃からのシティポップ再評価ブームはまだ自分の中でも続いていて、最近はシティポップだけでなく昭和のロック・歌謡曲・アイドルポップスにも手を広げて再評価とお勉強の日々が続いております。だから最近もあまりメタルを聞いてないんですよね。

 

んで、カルメン・マキ&OZのライブ盤を聞いて「なんだかジミヘン・サバス・レインボー・歌謡曲をごちゃ混ぜにしたような音だなァ・・・」と思ったのがきっかけで、メタル以前のハードロックを聞き直したい欲求が強まったので、このところはその手の音楽をよく聞いています。

 

今はあまり音圧の高い録音の音楽を体が受け付けないようで、アナログ時代の音源ばかりを聞いている状態です。ジミヘン・サバス・スコーピオンズ・レインボーあたりの古き良きハードロックを聞くのが最近の楽しみになってます。

 

加えて最近特にハマったのが中島みゆき。今までベスト盤しか所持しておらず、いずれオリジナルアルバムをちゃんと聞いてみようと思ってはいたのですが、中々どのアルバムから手を出していいのかわからず、長らく足踏みをしていました。

 

謡曲の熱心なレビュー・テキストサイトを参考に、『愛していると云ってくれ』『親愛なる者へ』『生きていてもいいですか』の70年代後半~80年にかけての極めてヘヴィな三枚を購入し、ここにきて中島みゆきにガッツリハマりました。

 

三枚はどれも聞きごたえのある名盤だったのですが、特にヘヴィな大傑作だったのが『生きていてもいいですか』。「船を出すのなら九月」から始まるアルバム後半の流れの暗黒さ加減と言ったら・・・本当に素晴らしい。救いが無さ過ぎて逆に感動的なほどの絶望具合。

 

自分は90年代以降の雄々しくなってしまった中島みゆきしか聞いたことがなかったので、様々な弱者・敗残者・負け犬たちの歌を生身剥き出しで歌い上げていた時代の作品群に遅まきながら触れることが出来て良かったと思いました。

 

ア アラララァ ア アァ!

こんにちわ。黒子です。たまには文章を書かないとさらに人間としてダメになってしまう気がしたので、このうんこブログを更新しようと思います。

 

一時期メタルやハードコアパンクを聞くのがしんどくなっていたのと、シティポップやジャズ・フュージョンをお勉強したくなったのが合併して、あまり激しい音楽を聞かない・買わない時期が続いていました。

 

で、さらにインターネット上で「SOUL'd OUT強さランキング」なる奇妙なコピペを見て「そういやSOUL'd OUTって昔流行ったけどちゃんと聞いたことなかったな~」と想い、youtubeで曲を聞いてみたらガッツリハマってしまい、さらにメタルを聞かない日々が続いてしまうことに。

 

SOUL'd OUT、個人的にはTo All Tha Dreamersくらいしか曲を知らず、昔流行ったウェイ向けJ-POP寄りラップグループという印象だったのですが、TOKYO通信やイルカを聞いて「これはちょっと違うぞ、アートワークやMVはクッソダサいけど、楽曲のセンスヤバいじゃん」となり音源を買ってみることに。

 

現在Single CollectionとTo Fromの二種類のアルバムを買って、ここ一か月はそれらばかり聞いています。飽きないんだよな。

 

ラップ・ヒップホップをベースに様々な音楽要素をブチ込みハイセンスに仕上げられたトラックの数々を生み出すShinnosuke、圧倒的存在感を放つメインMCのDiggy-MO'、脇を固めるBro. Hi、現れるのが早過ぎた天才集団ですよ。

 

活動当時は洋楽ラップやゴリゴリ系ラップが好きな連中からdisられたり総スカンを受けてた印象が強いSOUL'd OUTなのですが、このダサさと紙一重な圧倒的センスとメンバー個々のスキルの高さは当時のリスナーには理解しがたかったのかも知れません。まぁたとえ2020年現在に彼らがデビューしても同じ反応かも知れないけど。

 

アクの強さもあるし、聞き手を選ぶグループだとは思います。ダサい・意味が分からないと切り捨てるかその代替えの利かない中毒性にのめり込むか、人それぞれだと思います。

 

自分の場合しばらくSOUL'd OU中毒な日々が続きそうです。

 

 

最近の視聴傾向について。

ただそれだけの記事です。

 

疲労によりメタル以外の音楽を聞くことが増えてきているような。シティポップ再評価ブームに乗っかってお勉強してるからってのもあるだろうけど。昔はジャズ・フュージョンはおじさんが聞く音楽だとばかり思ってたけど、いざ自分がおじさんになると良さがわかるようになった気がする。

 

以下最近よく聞くアルバムを列挙。

 

四人囃子 - 一触即発

四人囃子 - '73 四人囃子

大貫妙子 - SUNSHOWER

竹内まりや - VARIETY

Jeff Beck - Wired

・Return To Forever - Romantic Warrior

Dark Tranquillity - Where Death Is Most Alive (Live In Milan)

 

プログレ・シティポップ・フュージョン、そしてやっぱりメロデスといった感じですね。